廃棄物削減への挑戦

人   口 : 132,201人( 2021年7月現在)
世 帯 数 : 60,585世帯(2021年7月現在)
年間排出量 : 21,008t(2020年度)

課 題 : ルート効率化、ごみの削減

廃棄物の削減に積極的に取り組む神奈川県の座間市様では、 2020年8月からWOOMSを活用した実証実験を実施しました。座間市様が運用している22台のパッカー車すべてにタブレットを搭載し、効果測定とアップデートを継続しています。丁寧な業務状況のヒアリングから始まった取り組みは持続的な収集効率の向上につながり、市民サービスの充実に向けた新たな取り組みにも貢献しています。

実証実験ムービー

小田急×座間市 廃棄物収集のスマート化に向けた挑戦

小田急×座間市
廃棄物収集のスマート化に向けた挑戦

WOOMS 導入フローと実績WOOMS 導入フローと実績

業務状況のヒアリング

車両数、職員数、業務フローなどの基礎情報だけではなく、
収集担当・管理者が抱える課題を複数回にわたって現地でヒアリングを
おこなうと共に、収集車両に乗車して実際の業務状況を調査しました。

業務状況のヒアリング

火・金曜日の可燃ごみや1ルートといった規模から導入開始したのち、
段階的に導入台数を増やすことで職員への浸透を図り、全ルート、
全収集品目への導入へと拡大していきました。

余力の創出 余力の活用

市民サービスの充実

ルート効率化により生まれた余力を使い、剪定枝収集の開始、
啓発活動の拡充など、新たな取り組みをおこなっています。

剪定枝収集

可燃ごみの収集日に出された剪定枝類をそのまま集積所に残し、WOOMS Appで位置情報を記録。その情報をもとに専用車両が残った剪定枝類を収集し、バイオマス燃料としてリサイクルすることができました。

ごみゼロゲーム

子どもたちに楽しみながらごみの減量、環境問題、SDGsについて学んでもらうため、環境活動をおこなう「一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン」代表理事の坂野晶さんを講師に招き、小学校で環境学習を実施しました。

数字で見る効果

燃やすごみ(搬入回数)

2020年比

第一四半期(3ヶ月)比較
2020年度:2,940台
2021年度:2,354台

燃やせるごみ(収集量/家庭系)

2020年比

第一四半期(3ヶ月)比較
2020年度:5,678t
2021年度:5,004t

剪定枝・下草類収集量

第一四半期(3ヶ月)
2021年度
※2019年度:年間241t

事例 : 座間市

WOOMSを導入した効果と、
課題解決への取り組みをご紹介します。

詳しくはこちら

事例 : 座間市

WOOMSを導入した効果と、
課題解決への取り組みをご紹介します。

詳しくはこちら

導入までの流れ

WOOMSの導入までの流れや
オプションサポートの内容をご紹介します。

詳しくはこちら

価 格

初期費用、基本プラン、オプションのご説明と、導入サポート内容をご紹介します。

詳しくはこちら

WOOMSを試してみませんか?

WOOMSを試してみませんか?

サービス、共創・協業、お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。