データ分析で、住民サービスの向上も実現。

“ごみ”のない世界へ。

Beyond Waste

“ごみ”という固定観念を取り払えれば、“ごみ”の課題はきっとなくせる。資源の無駄も、余計なコストも、担い⼿の負荷や将来にわたる環境リスクも。そして“ごみ”を減らし、なくしていく取り組みは、やがてビジネスの枠組みを超え、その先にある持続可能で豊かな「循環型社会」につながっていく。「Beyond Waste」は、皆さまとともに築きあげ、わたしたちが暮らす日本から世界に誇る「循環型社会」を実現するためのビジョンです。

Circular City

豊かな「循環型社会」を⽬指して。

資源の減少、貧困、格差‧不平等、環境といった
急激かつ不可逆的な変化に世界が直⾯する中、
今後、すべての⾃治体‧企業‧⽣活者に求められていくもの。
それは、資源、原料、エネルギーの寿命を継続的に伸ばし、
持続的に活動していく「循環型社会」への取り組みです。
⼩⽥急グループは、皆さまとともに社会課題と向き合い、
創造的に乗り越えていくことにより、
豊かな「循環型社会」を実現したいと考えております。

資源の減少、貧困、格差‧不平等、環境といった
急激かつ不可逆的な変化に世界が直⾯する中、
今後、すべての⾃治体‧企業‧⽣活者に
求められていくもの。
それは、資源、原料、エネルギーの寿命を
継続的に伸ばし、 持続的に活動していく
「循環型社会」への取り組みです。
⼩⽥急グループは、皆さまとともに
社会課題と向き合い、
創造的に乗り越えていくことにより、
豊かな「循環型社会」を実現したいと
考えております。

身近な“ごみ”を、未来への一歩に。身近な“ごみ”を、未来への一歩に。

⼩⽥急として

鉄道、商業施設をはじめ、暮らしやビジネスに密着している⼩⽥急は、沿線地域社会において、 最も“ごみ”を排出している企業のひとつです。そして、早期に対応策を講じないと、地域社会に負担をかける存在になりかねません。

⼩⽥急が率先して負担軽減に努めるために、この⼤量の“ごみ”を削減‧リサイクルをする仕組みづくりが必要だと考えています。それは、地域社会の課題解決だけでなく、コスト効率化などのメリットを⽣みます。 だからこそ、“ごみ”に関する課題の解決は地域に根付いた私たち⼩⽥急グループが真っ先に取り組むべき本質的なテーマなのです。

沿線エリアとして

下北沢、経堂など、商店‧飲⾷店の集積エリアでは、収集事業者の⼈⼿不⾜によってごみ収集の費⽤⾼騰や収集事業者探しに苦労するといった課題が発⽣しています。

そのため、排出側は「適正な収集事業者がみつかる」、収集側は「効率化よって⽣産性が改善される」 といった排出‧収集の双⽅を⽀援する仕組みづくりが必要です。

事業者の経済活動が持続可能であれば、街や沿線にも元気と個性が根付き続けます。
だからこそ、沿線エリアを活性化する上で、“ごみ”は解決すべき重要な課題なのです。

地域社会として

持続可能な地域社会を⽀えるインフラとして“ごみ”の収集‧運搬、処理‧リサイクルの重要性が⾼まり続けています。
⼀⽅で、深刻な⼈⼿不⾜等が顕在化しており、安定的な処理が難しくなっていくことで、地域に“ごみ”が溢れ、安⼼‧安全な暮らしが困難になる可能性さえ懸念され始めています。

そのため、排出された“ごみ”を“資源”へと循環させるエコシステムを⾃治体‧企業‧⽣活者の連帯と協⼒により構築することが不可⽋です。
わたしたちは“ごみ”を資源‧素材として、循環させること、その担い⼿の⼤切さを、皆で共有できる地域社会づくりに取り組みます。

「サーキュラーシティ」の共創ネットワーク

課題の創出 収集の課題 社会の課題
  • 企 業
  • 自 治 体
  • 研究・教育機関
  • NPO・市民活動

永く続く未来に向けた「循環型社会」の実現。
これから⼀歩を踏み出そうとする私たちに出来ることは、
限られているかもしれません。
しかし、微⼒であっても決して無⼒ではないはずです。
いま、私たち⼤⼈が取り組み始めれば、
それが次世代を担う⼦供たちの当たり前になります。
いつか⼤きな循環となる新しい流れを、
ともに創造していきましょう。

永く続く未来に向けた「循環型社会」の実現。
これから⼀歩を踏み出そうとする私たちに出来ること
は、限られているかもしれません。
しかし、微⼒であっても決して無⼒ではないはずです。
いま、私たち⼤⼈が取り組み始めれば、
それが次世代を担う⼦供たちの当たり前になります。
いつか⼤きな循環となる新しい流れを、
ともに創造していきましょう。

共創のご相談はこちらから

インタビュー

<

  • インタビュー地域との共創で、「ゼロ・ウェイスト」の仕組みをデザインする。【ゼロ・ウェイスト・ジャパン 坂野 晶 代表理事】2021/9/01MORE
  • インタビュードキドキ・ワクワクで、循環型社会への化学反応を生み出す。 【日本環境設計 岩元 美智彦 会長】2021/9/01MORE
  • インタビュー清掃車に乗ってつかみとった課題、見えてきた未来。 【大東文化大学法学部 藤井 誠一郎 准教授】2021/9/01MORE

>

<

>

インタビュー  一覧

ロゴに込めたメッセージ

Waste(ごみ)という概念をひっくり返し、ごみのない世界を実現するという約束と
ユーザーの皆さまや共創パートナーと共にチームとして取り組んでいく想いを
複数のパーツで構築された「WOOMS」の⽂字に込めてデザイン化しました。

Waste(ごみ)という概念をひっくり返し、
ごみのない世界を実現するという約束と
ユーザーの皆さまや共創パートナーと共に
チームとして取り組んでいく想いを
複数のパーツで構築された「WOOMS」の⽂字
に込めてデザイン化しました。

また、WOOMSの⽂字の中には、ごみをイメージしたテクスチャーを⽤い、
私たちが提供するサービスの中⼼に「ごみ」があることと、
使い終わったものにもう⼀度価値を与えるという指針を表現しています。

また、WOOMSの⽂字の中には、
ごみをイメージしたテクスチャーを⽤い、
私たちが提供するサービスの中⼼に
「ごみ」があることと、
使い終わったものにもう⼀度価値を与えるという指針を表現しています。

そして、⾊には宇宙から⾒た地球をイメージしたブルー、グリーン、ブラウンを採⽤し、
循環型社会の実現により、守ることのできる美しい地球‧環境をイメージしています。

WOOMSを試してみませんか?

WOOMSを試してみませんか?

サービス、共創・協業、お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。