データ分析で、住民サービスの向上も実現。

収集サポートシステム WOOMS App収集サポートシステム WOOMS App

収集や運搬、収集量の記録、日報など、収集スタッフは多岐にわたる業務を担っています。WOOMS Appは、これら業務の効率化をサポートし、負荷軽減を実現。余力の生まれる働き方が可能になり、持続的な収集体制の構築を支援します。

WOOMS App
WOOMS App
WOOMS App

収集チームの連携強化

WOOMS Appで各車両の情報連携ができるので、複数の車両がひとつのチームとなり、応援要請や支援許可を直接調整できます。これにより、日々変化する収集量や緊急時のルート変更などへの迅速な対応が可能になります。

WOOMS Appの機能

WORK SUPPORT収集検知

収集ポイントにおける作業を自動検知することで、取り忘れを防止することができます。

WORK SUPPORT収集支援

各車両の収集状況に応じて、応援要請や支援許可の依頼・受諾を、車両間で直接おこなえます。

WORK SUPPORT収集量管理

計量票の撮影・送信、収集量を入力することでデータの集計や管理が簡単におこなえます。

DRIVING SUPPORT運転支援

速度、収集時間、距離などや急発進・急停止・急ハンドルの状況を記録し、安全運転を支援します。

DRIVING SUPPORT車両管理

車両の運行前後の点検情報を記録し、不具合があれば車両管理担当者に記録を送信できます。

SMART CITYインフラ管理

道路インフラの故障や不法投棄などを撮影・送信でき、管理担当部門への迅速な報告が可能です。

事例 : 座間市

WOOMSを導入した効果と、
課題解決への取り組みをご紹介します。

詳しくはこちら

事例 : 座間市

WOOMSを導入した効果と、
課題解決への取り組みをご紹介します。

詳しくはこちら

導入までの流れ

WOOMSの導入までの流れや
オプションサポートの内容をご紹介します。

詳しくはこちら

よくある質問

よくある質問

タブレットは既に所有しているものも利用できますか?openclose

クラウドサービスとなっていますので、
所有されているタブレットでログインすることでご利用いただけます。

初期設定や操作方法などのマニュアルはありますか?openclose

動画・PDFにてマニュアルをご用意しています。また、専門チームによる説明会やレクチャーを実施し、いち早く運用できるようにサポートいたします。

運転中にタブレットを操作するのは、危険ではありませんか?openclose

収集作業を自動検知することができ、ナビゲーションも自動アナウンスとなっているので、
運転中にタブレットに触れることなく収集業務をおこなえます。

収集自動検知はどのような方法ですか?openclose

タブレットのGPSを活用し、収集ポイントから1m以内に入ると自動検知されます。
なお、通常の時速で通過しても検知しないので取り忘れの防止にもなります。

高齢の職員・社員でも、操作は簡単にできますか?openclose

画面設計はとても分かりやすく、スマホを操作する感覚で使用できますので、
ご高齢の方でも無理なく活用いただいています。

表示される地図には居住者名などの詳細な情報が記載されていますか?openclose

Googleマップを利用しているので居住者名などの記載はないものの、収集ポイントの位置を微調整できますので、導入している自治体様でも問題なくご使用いただいています

運転日報の作成はできますか?openclose

指定した日付において、1日に稼働したドライバー、車両、コース、走行距離、運搬した重量、開始時間、終了時間の他、運転日報に準じた項目をデータで出力することができます。

テクノロジーパートナー

テクノロジーパートナー

RUBICON

To end wasteをミッションに掲げ、サーキュラーエコノミー分野で
世界をリードする米国のルビコン・グローバル社と小田急電鉄が
パートナーシップを結び、自治体様・事業者様の課題を解決に導きます。

WOOMSを試してみませんか?

WOOMSを試してみませんか?

サービス、共創・協業、お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。