レポート

2022/03/02

国産SAFの商用化および普及・拡大に取り組む有志団体「ACT FOR SKY」に加盟しました!

小田急電鉄は、日揮ホールディングス株式会社、株式会社レボインターナショナル、全日本空輸株式会社、日本航空株式会社が共同で設立した、国産の持続可能な航空燃料(Sustainable Aviation Fuel、以下「SAF」)※の商用化および普及・拡大に取り組む有志団体「ACT FOR SKY」に参画いたしました。

ACT FOR SKYは、上記目的のために「ACT=行動を起こす」意志を持つ企業が協調・連携し、SAFやカーボンニュートラル、資源循環の重要性を訴えながら市民・企業の意識変革を通じて、行動変容につなげていくことを目指します。

当社は、ウェイストマネジメント事業「WOOMS」を通じて、テクノロジー活用による資源・廃棄物収集の最適化、地域における資源循環を高める施策の推進を行ってまいります。

※ Sustainable Aviation Fuelとは、バイオマスや廃食油、排ガスなど原料の生産・収集から、製造、燃焼までのライフサイクルでCO2排出量を従来燃料より大幅に削減し、既存のインフラをそのまま活用できる持続可能な航空燃料です。

WOOMSを試してみませんか?

WOOMSを試してみませんか?

サービス、共創・協業、お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

WOOMSエンジニア 積極採用中WOOMSエンジニア 積極採用中