ニュースリリース

2022/04/25

4者連携したプラスチック資源循環の取組み 小田急線湘南台駅構内に「ペットボトル回収機」を新たに設置しました。

神奈川県藤沢市(市長:鈴木 恒夫)と株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永松 文彦)、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:星野 晃司)、小田急商事株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:井上 剛一)は、神奈川県藤沢市内の小田急線湘南台駅構内にあるセブン‐イレブン小田急マルシェ湘南台店の店頭に「ペットボトル回収機」を新たに設置し、4月25日(月)10時より稼働を開始しました。

藤沢市ではこれまでに、株式会社セブン-イレブン・ジャパンと連携して2020年8月より市内のセブン‐イレブン店頭に「ペットボトル回収機」を設置し、資源循環を進めてまいりました。(2022年3月時点で30台設置)

この度、市民の方が多く利用される小田急線湘南台駅構内に「ペットボトル回収機」を設置することにより、「ペットボトル回収機」の認知向上および藤沢市の資源循環を推進してまいります。

地域社会と一体となったボトルtoボトルによるプラスチックのリサイクルと海洋ごみ 対策を促進し、“循環経済社会”の実現と海洋プラスチックごみの削減を進めてまいります。

※ペットボトルを再原料化し、もう一度ペットボトルに戻すこと

<ご参考>セブン‐イレブン ペットボトル回収機設置店舗一覧

WOOMSを試してみませんか?

WOOMSを試してみませんか?

サービス、共創・協業、お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

WOOMSエンジニア 積極採用中WOOMSエンジニア 積極採用中